ページルート

6 ミニットリード

勤怠管理やエンゲージメントにQRコードを使うには?

アッテンダンストラッキング用QRコード
✅ 出勤状況を把握するためのQRコードの作り方をご紹介します。
✅ 教室や職場でQRコードを使うべき理由をご紹介します!

トップブランドから信頼される

イベントの出席やチェックインの部分は、おそらく最も重要なエンゲージメント指標です。これは、参加者や参加者との最初の対面でのやりとりだからです。これは、参加者にイベントの第一印象を提供し、イベントをより良いものにするための指標となります。 イベント全体のムードを盛り上げてくれます。

これらの出席者は 学生、従業員、スポンサー、代表者、スピーカー、出展者、またはVIP。の方にもご利用いただけます。 イベントやセッションにどのような参加者がいるかは、そのイベントやセッションの内容によって大きく異なります。 の種類と、開催されるイベントの目的を指定してください。

イベントに関係なく 規模や参加者の種類によっては、チェックインカウンターに長蛇の列ができることがあります。 参加者にとっては不愉快な光景です。イベント管理者にとっても イベント当日の慌ただしいスケジュールと相まって長蛇の列ができてしまいます。 緊張する

数ヶ月間の計画。 組織とマーケティングは、イベントで数時間の問題に降りかかる 日のことです。感動を与えるためにこの機会をつかむことは、イベントマネージャーにとっては当然のことです。 出席者はチェックインの時に 始まりますですから、それは不可欠です。 嬉しいチェックイン体験をお届けするために

イベント主催者やセッションプランナーは、どのようにしてそのような体験を保証するのでしょうか?最新のテクノロジーを導入することで、このような体験を確実にすることができます。 QRコードです。

QRコードを作成する必要がある場合は - チェックしてみてください。 無料のQRコードジェネレータ by Pageloot.

 2次元バーコードの利点を活かす 技術情報

トラッキングと統計のためのスキャンQRコード

開催予定のイベントの開催時期 が大規模なものであれば、膨大な数の人を経由させることが重要です。 時間をかけずに玄関ドアを開けることができます。このような状況では、不可欠な を使用して、スピーディーなチェックインまたは出席ソリューションを展開することができます。

そのような解決策の一つとして、次のようなものがあります。 イベント管理ツールキットに統合して、迅速かつスムーズなチェックインを実現します。 を体験できるのがQRコードです。2次元バーコードとみなされているQRコードの特徴は、黒の 白地に四角い箱の中に正方形が並んでいます。通常は バーコードスキャナやスマートフォンのカメラなどの画像処理装置でスキャンしたり、読み取ったりすることができます。 またはサードパーティ製のモバイルアプリを使用します。

QRコードを利用して 媒体 と入力します。では、どのようにQRコードを活用して、より迅速に イベント会場でのチェックイン?

まあ、見込みのある人が 参加者がイベント参加登録をすると、QRコードが共有されます。 で共有します。この共有は、メールか参加券で行います。 自身のことです。イベント当日は、チェックインをスムーズにするために専任のスタッフが スマートフォンでもよいQRコードスキャナを使えばよいのです。

登録されている場合 参加者が会場に来たら、その人はユニークなQRコードを見せればいいのです。 入り口にいるスタッフの一人に声をかけてください。そのメンバーは、その後、コードをスキャンします。 参加者が有効なデジタルエントリーを取得した後に登録記録を取得する QRコードの詳細は、イベントのデータベースと照合しています。

このようにQRコードが加速する 既に登録されている参加者の方のチェックイン手続きを行います。QRコードを入力すると スキャンして、エントリーパスやバッジを作成し、すぐに印刷することができます。これは は通常、大きなイベントを主催している人のための効率的なソリューションです。 コンサートやトレードショーのような、迅速で手間のかからないチェックインを容易にします。 数名の参加者がいました。

QRを利用するメリット チェックインと出勤管理のためのコード

QRコードによる出勤・チェックインのトラッキング

主なものは以下の通りです。 QRコードを利用して出席状況を把握したり、チェックインを容易にしたりするメリットがあります。

  • 簡単な組立・分解:勤怠カウンターやチェックインカウンターの設置・解体には、お金、労力、文房具、時間などのリソースが大きく費やされます。QRコードを導入することで、これらのコストを少なくとも10分の1に削減することができます。チェックインにかかる時間が短縮され、スタッフの数も減ります。また、スマートフォンをQRコードスキャナとして使うのも簡単です。ノートパソコンやスタッフ、文房具の配置に悩む必要がありません。
  • シンプルな事前準備。 スマートフォンのQRコードスキャナはシンプルで使いやすいため、イベントスタッフの特別なトレーニングは必要ありません。イベント主催者は、イベント開催前に選択したスキャナーをテストするだけで良いのです。また、出欠情報を入力して確認するためのノートパソコンも必要ありません。
  • より高速な移動キュー: QRコード技術は、参加者一人あたり数秒でチェックインできます。 QRコード自体がすべてのエントリーポイントで有効なパスとして機能します。そのため、参加者がどのエントリーポイントを選択しても、迅速かつ簡単に手続きを行うことができます。 
  • 電気を使わない:ほとんどの出勤デスクやサインインデスクは、ノートパソコンが十分に機能するように、インターネットと電源が必要です。今では不要になりました。スマートフォンなどのQRコードスキャナは事前に充電することができます。
  • 重複なし:イベントで大人数を扱う際に気になるのが重複登録です。十分に注意していても、同じ参加者が何度も登録されてしまうことがあります。しかし、QRコードを使えば、一人一人が固有のQRコードを持っているので、チェックインリストに重複して記載されることはありません。QRコードをスキャンすると、チェックインが完了したと表示されたり、再度スキャンするとエラーメッセージが表示されたりするとのことです。
  • 最小限の紙の廃棄物:そう、QRコードはグリーンソリューションでもあります。1つのコードで、イベント会場の異なるコーナーにアクセスするための有効なパスとして、また、ランチクーポンとしても機能する入場パスを与えることができます。バッジとパスを別々に印刷する必要はありません。
  • アナリティクスのトラッキング:時代遅れの机では、出席者がいつ来て、いつ退席したのかを知るための信頼できる方法が存在しません。しかし、そのような詳細は、さらなる追跡と分析のために必要です。例えば、イベントのどの時間帯に最大の退場者が出たのかを知る必要があります。次のイベントでこのようなことが起こらないようにするにはどうすればよいのでしょうか?
  • マネーセイバー:前述のメリットを見ると、イベント主催者は本当にお金を節約することになります。結局のところ、QRコードを使用することで イベント全体の支出。

どのようにQRコードを 勤怠管理の仕事?

勤怠管理のためのQRコードの仕組み

搭乗者がスキャンした場合 印刷されたQRコードを押すと、イベントの詳細が表示されます。 場所、チェックイン時の動作、年に一度のミーティング、イベントの説明など ミュージカルコンサートや学生のワークショップなど。

QRコードに応じて ジェネレーターを使用している場合、ここから選択するには2つの選択肢があります。まず、出席者の を入力して提出するように求められます。

提出された時点で、チェックインまたは出席が確認され、出席者はおそらく グーグルシート.第二に、コードを直接スキャンした人は、その下のイベントの詳細と一緒に確認メッセージを取得します。

このような手順になっています。 参加者がワークショップの学生であるか、ミーティングのチームメンバーであるか。 会議の参加者や、イベント会場の警備員。

QRコードをどこで使うか 勤怠管理とチェックイン

勤怠管理やチェックインにQRコードを使用する場所

よくある実用的なものをご紹介します。 出席追跡やチェックインのためのQRコードのアプリです。

  • 印刷されたマーケティング資料の中で:いずれのイベントにおいても、印刷物の有効期限はイベント開催前の時間までとなります。また、イベントが数時間遅れると無効になる場合があります。しかし、いつでも内容が変更可能なリンクを開く動的な出席者追跡QRコードを追加することで、同じマーケティング資料が有効になり、エンゲージメントのトリガーになります。参加者は会場にQRコードの入ったチラシやリーフレットを持っていくだけ。このようなコードをスキャンすることで、即座にチェックインや出席者の記入が容易になります。また、チェックインが遅れた場合は、QRコードをスキャンすると、イベント開始時間の変更によりチェックインが遅れたことを知らせるイベント詳細ページが表示されます。
  • チケットについて:チケットを発行する場合は、出席追跡QRコードを印刷してください。各チケットホルダーは、到着した人と終了した人を追跡するために簡単になっているため、明確なコードを持っています。

QRコードの使用例 出席管理

勤怠管理にQRコードを活用した事例

多くのエンティティがあります。 チェックインや出勤にQRコードを利用すると便利で有益な方 エンゲージメントを誘発し、効率をトラッキングするためにそのような使用法のいくつかをご紹介します。 の場合。

  • パート・アルバイト・契約社員・季節社員・派遣社員の勤怠を把握し、どこからでも、どんな端末からでも分析して、働いた時間分だけ支払うことができるようにしたい企業経営者の方
  • 入退店時間をトラッキングしてスタッフの勤務時間を把握したい飲食店
  • 学校や大学などの教育機関で、学生の出席状況を把握し、遠隔で監督することができます。
  • 自分や自分のチームの毎月の労働時間を追跡するための自営業者

結論

出席を追跡するか QRコードでチェックインを容易にすることは、本当に魅力的で便利です。 学生、ビジネスの代表者、イベントのスポンサーになることができます。 従業員、またはVIPの方。登録時にこれらのコードを共有することを検討してください。 イベントの宣伝をしながら、参加者にクイックチェックインや 対応するイベントに参加するための大きな動機。

オンラインでQRコードを作成する必要がある場合は QRコードを作る ここで無料で
ページルートは #1のGo-Toソリューション でQRコードを作成してスキャンすることができます。

QRコードを作成して出席状況を把握する

100%無料。クレジットカード不要。