ページルート

2 ミニットリード

QRコードの使い方と理由は?

QRコードの使い方と理由

トップブランドから信頼される

QR(クイックレスポンス)コードは、デバイスのパッケージや名刺、チラシやテレビなどのマーケティング媒体、さらには建物の上に描かれた画像に至るまで、ほぼ全世界で見られるようになりました。

顧客も企業も、スマートフォンを使って誰でもすぐにアクセスできるように、さまざまな種類の情報を広めたり、保存したりするために利用しています。看板やTシャツ、WebページなどでQRコードを見つけても驚かないでください。

なぜQRコードなのか?

QRコードは、あまりにも簡単に作成でき、すぐに使用することができます。QRコードは、小さなスペースにあらゆる種類の情報を保存するのに適した方法です。QRコードの中にエンコードする必要がある情報が英数字だけであれば、1つのコードに最大4Kの文字を保存することができます。

標準的なバーコードでも使用することを考えるかもしれません。しかし、QRコードは、テキスト、マルチメディア、地理情報など、より多くのデータを仮想的に保存することができるので、より便利です。

もう一つの利点は、どの携帯電話でもスキャンしたり、読み取ることができるということです。になると QRコードの使い方 またはそれらをスキャンしたり、読み取ることができるアプリを携帯電話に入れておけばいいだけです。

QRコードの使い方は?

このコードは日本発祥のもので、現在でも広く使われています。携帯電話で素早くスキャンし、一時的なメディアから情報をエンコードして携帯電話に保存します。

スキャナーとして機能する携帯電話でスキャンされると、コードはその特定のブランドやビジネスに関する詳細を明らかにする可能性が高く、そのような近くの支店や映画の予告編を上映しているウェブページにあなたを取るURLなどがあります。

また、Tシャツを持っている個人についての詳細を明らかにしたり、デパートのある商品に適用される割引を提供したりすることもできます。これらは、理由の後者に答えるいくつかの実用的な目的であり QRコードの使い方.

あなたのビジネスの大小に関係なく、これらのコードをさまざまな方法で使用することができます。例えば、各製品のQRコードを自動生成し、ウェブサイト上の画像の横に配置することができます。このコードには、すべての製品の詳細、携帯電話を介して他の人と共有するためのリンク、および呼び出して製品についての詳細を取得するための番号を持つことができます。

QRコードのもう一つの一般的な使用法は、顧客が簡単に携帯電話の連絡先にあなたの番号を追加できるように、それはすべての連絡先の詳細を持つ名刺を含むようにすることです。

要するに、ウェブページ、カード、テレビ広告、ポスターなどの印刷物やバーチャルな広告手段にQRコードを付加することで利用することができます。これにより、連絡先、商品、イベント、コンペ、動画、ソーシャルメディアのID、オファーの詳細を共有することができるようになります。

結論

前者はシンプルで後者はビジネスに有利なので、QRコードの使い方や理由を知ることは本当にモチベーションになります。

✅ QRコードの#1ソリューション

オンラインでQRコードを作成する必要がある場合は QRコードを作る ここで無料で
ページルートは #1のGo-Toソリューション でQRコードを作成してスキャンすることができます。

QRコードの作成とスキャン

100%無料。クレジットカード不要。